FORGOT YOUR DETAILS?

CREATE ACCOUNT

現在ではトウシューズの種類もブランドも様々ありますが、かえって選択肢が多すぎて何を選んだら良いのか分かりにくくなっています。一人一人のダンサーの足の形は異なるので、誰にでも合う最高の一足!というようなトウシューズはありません。

各ブランドは、様々な足のタイプや用途の違いに対応できるように様々な形とモデルを揃えています。一番大切な事は、自分に合ったトウシューズを見つけることです。最初の頃はどのような感覚が最適なのか分からないでしょうから、これ!というシューズを見つけるのは難しいかもしれません。様々なタイプのトウシューズを履いていくと自分の好みが分かってくるでしょうし、大抵の場合はお気に入り入りの一足を見つけられるでしょう。

自分に合ったトウシューズを探す方法として、様々なシューズブランドを取扱っている店に行き試して履いてみることをオススメします。または特定のブランドのみ扱っている店には、足に合った様々なモデルとサイズがあるかもしれません。生徒全員に同じブランドを履かせることを好む先生方もいます。ですが、全員が同じ靴を履けるわけがありませんね。足の形は様々です。個人がそれぞれの足に一番合うシューズを履いたほうが良いですし、本番の舞台用にはサテン生地の色を揃える用にして対応すれば問題はないでしょう。

シャンク(足底)の強さは非常に大切です。ですが、様々な異論があるのも事実です。初心者には”足が強くなるまでは爪先立ちのサポートが得られるように、強めのシャンクが良い”と唱える人達がいるのに対し、  ”シューズに慣れて正しく履く為には柔らかいシャンクが良いと”唱える人達もいます。トウシューズを履き始める前には足と足首はすでに強くなっているはずなので、個人的には後者の意見である柔らかいシャンクが良いと思います。

大抵トウシューズを履きたての時期には、クラスの終わり数分でしかトウシューズを履きません。それであれば、上級クラスで必要なくらいの強いトウシューズを履く必要はありません。もしも体重が軽いのであれば、なおさら強いシューズを履く必要はないですね。中位の硬さのシャンクは足への適度なサポートを保ったまま、ポイント・ワークで足とシューズが共にしなやかに動く位に柔らかくなってきます。しかし、成人になってからトウシューズを履き始めたのであれば、体重を支える為に強めのシャンク(足底)のシューズが必要かもしれません。

”ザ・バレエ・ブログ”のビデオでもご紹介している”トウシューズの潰して履く”のように踵の所を潰して履くのは、トウシューズで足を精確に使えるようにする為の基本です。それ以外のシャンク(足底)の部分は、足のサポートができるように硬いままに残しておきましょう。


TPPB_Header_

Join The Ballet Blog Community & Receive 10% Off Your First Order!

TOP