FORGOT YOUR DETAILS?

CREATE ACCOUNT

ポイント・ワークに痛みは付き物?(Does Pointe Work Hurt?)

ポイント・ワークに痛みは付き物?

トウシューズで踊る時には痛み・水ぶくれ・出血があるのも”付き物”であると、多くのダンサー達が言っています。しかし、痛み等は必ずしも付き物ではありません。もし足と指が強くて、足に合ったトウシューズに最小限のトウ・パッドを必要な部分に施していれば、足は綺麗なままでいられるのです。

とはいえ、トウシューズはスリッパを履いているのとは違います!足はしっかりとシューズに覆われて慣れない位置で固定されるので、最初は少し違和感があるかもしれません。ただ、痛いわけではありませんね。訓練された強い足に合ったトウシューズを履き、どのくらいトウシューズを履いていられるか自分自信で感じることができれば、痛みなど問題にはなりません。

ダンサー達がトウシューズを履いて痛い理由として挙げられるものをご紹介しましょう。

  1. 足が弱い。足をコントロールできる強さが身につく前に、トウシューズを履いてしまう人が多くいます。シューズの中の正しい足の使い方と、指の動きをコントロールできるかを習得していることは極めて重要です。”ザ・パーフェクト・ポイント・ブック”には、この悩みを改善する多くのエクササイズが紹介されています。
  2. トウシューズがキツい・狭すぎる場合。もしもトウシューズの形が足にきちんと合っていれば、足先はしっかりと安定して包み込まれ安定しており、指先が潰れるほどに押しあってはいないはずです。”ザ・バレエ・ブログ”に掲載しているシューズの選び方のビデオを参照して下さい。参考になるはずです。
  3. トウシューズのボックスが広すぎる場合。もしもシューズのボックス(枠部)が広すぎると、トウシューズで立っている時に指が移動してしまって、過剰に圧迫されてしまいます。サポートをする為に、ボックスが狭すぎて指先が潰れてしまうことのない、適度に幅が狭いサポートのあるものが好ましいです。
  4. トウシューズのボックスが短かすぎる。ボックスが短かすぎると親指の関節の下の所に当たるので、水ぶくれができる原因になり得ます。常に親指のあたりが隠れるくらいの長さのあるボックスを選びましょう。
  5. シューズの中で肌が擦れている場合。もしもシューズの裏地と肌が擦れて摩擦が起きてしまう時には、痛い水ぶくれができるでしょう。必ずいつでも肌は乾燥していることと、圧迫のある部分には水ぶくれを防ぐ為に指を保護するものがあるようにしましょう。
  6. トウシューズが柔らかくなり過ぎてしまった場合。踊った後にトウ・パッドなどを靴の中に入れておくと、汗がシューズの糊を柔らかくしてしまう事があります。こうなると、履いた時に足がシューズの中に必要以上に沈みこんでしまい、足の様々な部分に負担をかけることに繋がります。毎回の使用に際して、必ずトウシューズが乾いている状態にしておきましょう。

TPPB_Header_

Comments

comments

TOP