FORGOT YOUR DETAILS?

CREATE ACCOUNT

トウシューズをあまりに早く履きすぎてしまった為に、その結果として厳しい代償を払わなければならなかった例を、見たり聞いたりした事のある人は少なくないのではないでしょうか。ダンサーの中にはその足の痛みと変形によって、将来有望なキャリアを断念せざるを得ない人達もいました。子供の親は子供の足がトウシューズを履く事によってダメージを受けることを懸念しています。ダンサーの世界では”痛みなくして成長なし”といったような古い言い伝えを崇める風習がまだあるようです。幸いな事に、現実はそうではありません。痛みなくトウシューズを履く事はできるのです。バレエ芸術と医療科学の融合により、トウシューズをどのタイミングから履き始めるとよいかに関するバレエ訓練法への鮮明な手引きがあります。

過去には、7・8歳になるとトウシューズを履き始めていました。この年齢では強靭な足の強さが備わっているには幼すぎますし、骨が安定しておらずに足の変形の恐れもあります。11・12歳の子供の骨でさえまだ未成熟ですので、トウシューズを履き始める前に足のコントロールを確立しておくことが必要なのです。足の特定の筋肉を訓練せず足の正しい柔軟性のないままにトウシューズを履き始めると、繊細な足の成長板に影響し、指先が変形することがあります。ダンサーの中には、足の見た目が非常に悪い人もいます。

しかし現在では、どこの筋肉群を強くすればよいか、どのように強化するかが明確に分かっています。ダンサーの足は強くすることができますし、そして安全に使う事ができるのですね。踊っている時に素晴らしい足のコントロールがあり、技術的にも準備が整ってからトウシューズを履き始めたならば、足の骨の成長は自然に継続していくことができます。これは正しい栄養の摂取と、踊っていない時にもサポートのある靴を履いていることが組み合わせていなければいけません。

今では様々なタイプと形のトウシューズが多くのブランドで製造されていますので、自分の足に合ったものを探すことも容易になっています。もしも自分の足にあったシューズを見つけることができれば、ポイント・ワークに関する足の酷使の問題が発生することが断然に少ないです。大都市にお住まいでしたら大抵、在庫を豊富に置いた、トウシューズの試着を専門にしているスタッフのいる店舗があるはずです。

科学的な見地に立証された方法での強化・柔軟性トレーニング・健康的な栄養摂取・体幹コントロールの元にトウシューズを履き始める事ができれば、安全にトレーニングをすることができます。痛みなく心から楽しみながら踊り続ける事ができるのです。

TPPB_Header_

Join The Ballet Blog Community & Receive 10% Off Your First Order!

TOP