FORGOT YOUR DETAILS?

CREATE ACCOUNT

トウシュズを履き始める前には レントゲン写真を撮った方がよい?

トウシューズを履き始める前には足の成長期が終わったかどうかをチェックするために、レントゲン写真を撮った方が良いと言う人がいます。誰もが全員レントゲン写真を撮ったほうが良いとは思いません。それよりも、成長過程の骨に過度な摩擦を避ける為に、トウシューズを履き始める前に足が適切な強さに達しているかどうかが大事なのです。トウシューズを履く前に足の使い方を熟知していることが、トウシューズを履いた時に足のコントロールができるのです。

トウシューズを履くには少なくとも11歳から12歳になっているべきというのが、医療関係者の中では一般的な意見です。子供の頃には柔らかかった足の骨の成長板も12歳では硬くなり始めるので(成長の速度にもよる)、成長の妨げになることが少なく、足への長期的にみたダメージのリスクも少ないです。しかし、12歳になれば誰でもトウシューズを履けるわけではありません!成長板は16歳から18歳までは完全に閉じて落ち着くわけではありませんので、年齢というのはトウシューズを履く前に考慮しなければいけないことのたった一つにすぎません。

top10q3もしも真剣にプロのバレエダンサーを目指しているのであれば、骨が完全に融合する16歳から18歳の年齢まで待っていては遅すぎます。骨の成長が早く進み、トウシューズを数年早く履く事ができた他のダンサーに追いつくことができません。様々な論文でより現実的なガイドラインが発表されていますが、それによると骨はが75%融合する時まではトウシューズを履くのを待ちます。年齢でいうと11歳〜12歳です。しかし残念なことに、この骨の融合は個人によって差が大きくあります。11歳でもトウシューズを履くに耐えうる骨の成長が完成している子供もいれば、13歳でも骨構造が未発達でしばらく待つ必要がある子供もいます。

”プレ・ポイント・スクリーニング・テスト”(トウシューズを履く前に行うテスト)の全ての分野をクリアする為の強さを発達しきるには、年齢は少なくとも11歳から12歳になっていると思いますし、身体の他の部分も十分に成長しているでしょう。しかしながら特例として、トウシューズを履き始める前に骨の発達を確認する為にレントゲン写真を撮ったほうが良い場合があります。それは、11歳・12歳よりももっと幼い年齢で、素晴らしい安定性とコントロールを兼ね備えた才能あるダンサーである場合。もしくは12歳よりも年齢が超えているのにも関わらず成長期が遅い場合です。

このレントゲン写真を撮る選択というのは、トウシューズを履くにあたって必要な全ての要素をクリアした上で、最終的に検討すべき事です。

TPPB_Header_

Join The Ballet Blog Community & Receive 10% Off Your First Order!

TOP