FORGOT YOUR DETAILS?

CREATE ACCOUNT

Breaking in Pointe Shoes - Japanese Article

トウシューズを正しくつぶして履くことは、最初に立った時の感覚が乗りやすいだけではなく、実際にシューズの寿命を伸ばしてくれる効果もあります。つぶしたい部分を先に柔らかくした後、その他の足底の部分はしっかり安定を保ちながら、つぶした部分は引き続き柔らかくなっていきます。

トウシューズを購入した時に柔らかくする作業をしないと、靴底全体が中途半端に柔らかくなってしまい、またすぐに新しいシューズを購入しなければならないことになるでしょう。

トウシューズを柔らかくする時には、踊る時に使用する予定のストッキングやトウ・パッドを入れて試すことが大事です。

  • 踵の部分の生地を裏返しにしたシューズに、足を入れていきます。足底の上で踵が終わる部分と足裏の始まる境目を確認してから、シューズの足底とその境目が一致する部分を見つけましょう。
  • シューズを脱ぎ、柔らかくしたい境目以外をつぶさないように、しっかりと足底を掴んでください。
  • ゆっくりと丁寧に足底のかかとの部分を柔らかくしていきます。そうすることで、足底が足のラインに合わせて心地よく沿うようになります。シューズから踵を持ち上げる助けをしてもらっているような、踵の小さな土台を作ってくれます。
  • かかとの部分を柔らかくする事が上手にできたら、ドゥミ・ポイントで動かす部分の多少柔らかくしましょう。この部分はバレエクラスで沢山動かすはずなので、あまり柔らかくしなくてよいですね。

トゥシューズを履き始める事に関する詳しい情報は、”パーフェクト・ポイント・ブック”と”マイ・ビギナー・ポイント・プログラム”に設けられている記事をご覧下さい。両ウェブサイトには、様々な年齢のダンサーの為の沢山の情報があります。そして、”ザ・バレエ・ブログ”の中のポワント・ワークの記事もご覧いただけます。*日本語訳はついていません。

 

TPPB_Header_

 

Join The Ballet Blog Community & Receive 10% Off Your First Order!

TOP